太もも

ここでは、太ももが太くなる原因をくわしく解説しています。

ダイエットでは、太ももは細くならない?

「太ももが太い」ことで悩んでいる人は少なくありません。特に日本人は「下半身太り」に陥りやすい体質のため、上半身はそれほどでもないのに、お尻や太ももはたくましいという体型の人も多く見受けられます。

ほっそりした脚は女性の憧れ。「ミニスカートや細いパンツをカッコよく着こなしたい」水着が似合うスタイルになりたい」にもかかわらず、太もものせいで体型を隠すファッションばかり。ダイエットをしているつもりなのに、別のところが細くなる…。

その理由は、太ももが太い根本的な原因を解決していないからだと思われます。

太ももが太くなる原因は、個人によって違う

たとえば、太っている人は太ももが太い傾向があります。スポーツをやっている人は、激しい運動で鍛えられているため、脚が太くなるのも当たり前です。しかし、これ以外の人の太ももが、太くなってしまうのは何故でしょうか?

太ももが太くなる主な原因は「むくみ」「脂肪(セルライト)」「筋肉」「姿勢の悪さ」だと考えられています。もとから太っている人は脂肪が原因の可能性が高く、スポーツ選手ならば筋肉が脚を太くしていると推測できます。

肥満体型でなくても、たとえば冷え性で血行不良を起こしている人は、リンパの流れが滞り、代謝が落ちて体に水分が溜まっている可能性があります。これが「むくみ」です。

また、下半身は上半身よりも血液の循環が弱くなる傾向があるため、さらにリンパの流れが悪くなり、脚がむくみやすくなるのです。

リンパの流れが悪くなると、老廃物が体内に溜まり、「セルライト」ができやすくなります。

セルライトとは、必要以上についた脂肪の周りに老廃物や水分が溜まって塊になったもの。困ったことに、一度できてしまうと肥大化を続け、食事制限によるダイエットなどでは解消できません。このセルライトも太ももを太くする大きな原因になっています。

気がつきにくい原因が「悪い姿勢」と「骨盤の開き・ゆがみ」です。骨盤が開く太ももの前面や外側に筋肉がつきやすくなり、太ももが太くなってしまいます。

また、両者ともに血流も悪くする要因になるため、代謝が落ちて脂肪もつきやすくなります。

自分の太ももをチェックする

基本的に女性は、子宮を冷やさず温めなくてはならないため、下腹部から太ももにかけて脂肪がつきやすい体質といえます。そのため、たくましい太ももにならないよう、できるだけ生活の中で太ももを太くする原因を作らないことが大切です。

もし太ももが気になるようならば、自分の太もも太りタイプを見分け、適切なケアを行うようにしてください。

  • 脚を踏ん張るなど力を入れた状態でも、多くの肉が摘まめる→脂肪タイプ。
  • 上記と同じ状態で、ほとんどつまめない。肉自体が硬い→筋肉タイプ(または筋肉と脂肪が絡み合って硬い混合タイプ)
  • 太ももの裏側デコボコしている→セルライトタイプ(混合タイプの可能性もあり)
  • 「歩くとスカートが回る」「靴のすり減り方が左右で違う」「足の長さが左右で違う」ほか→骨盤の歪み
  • 脚を5秒ほど押して、跡が残る→むくみあり

これらの項目の中で当てはまるものがあれば、それが自分の太ももが太い原因になっていると思われます。闇雲にダイエットやマッサージに走らず、タイプを見極めてから、対処法を行うようにしてください。

PAGE TOP