C:筋肉太り

ここでは、脚太りの原因「筋肉太り」について解説しています。

筋肉太りが起きる原因

何らかのスポーツをしていれば、それなりに筋肉はついていきます。競技によって違いはありますが、脚を鍛えるのはスポーツの基本。脚の筋肉が発達し、たくましくなるのは必然といっていいでしょう。

スポーツをしている人は、特に「ふくらはぎ」に筋肉がつきます。「筋肉」が原因の太もも太りは、「過去にスポーツ経験がある」「脚の筋肉を酷使するスポーツをしていた 」人に多く見受けられます。

運動を止めて脚痩せしたいとダイエットしても、この部分だけがいつまでも硬く、なかなか細くなってくれません。

筋肉太りと筋肉質は違う

筋肉太りの人は、脚をつまんでもあまり量がなく、肉自体が硬めです。そのため「筋肉」が多くて脚が太いのだと勘違いしてしまうことがあります。いわゆるスポーツ選手の人、スポーツ選手ではなくても、それなりのトレーニングを定期的に続けているので「筋肉質」だといえます。

しかし、昔スポーツをしていた人の場合、筋肉は確実に落ちています。そして落ちた筋肉は脂肪に変わっている可能性が高いのです。

また、スポーツをやめても食べる量がそのままだと、さらに脂肪と筋肉の影響で脚が太くなることがあります。

脂肪は筋肉の下や間についていきやすいため、外見は「筋肉」に見えていても、中身は脂肪という人は少なくありません。また筋肉がむくみと結びついて脚が太くなっているケースもあります。

筋肉太りを防ぐ方法

筋肉太りの太ももには、ほかのタイプとは異なり、筋トレは逆効果になります。おすすめはゆっくりとした動きの「有酸素運動」や「ストレッチ」、「マッサージ」などです。これらで硬くなった筋肉をほぐしてあげましょう。

また、筋肉に過度な負担をかけることなく、ストレッチ効果も高い「ヨガ」や「ピラティス」なども効果が期待できます。水泳も余計な負担がかからないので、筋肉太りには向いているといえます。

どの太り方にもいえますが、 姿勢や歩き方にも気をつけてください。姿勢や歩き方が悪いと、つくべきではない部分に筋肉がついてしまい、筋肉太りに拍車をかけてしまいます。

普段からの生活を見直し、正しい姿勢や歩き方を身につけることも大切です。

PAGE TOP