B:脂肪・セルライト

ここでは、脚太りの原因「脂肪・セルライト」について解説しています。

脂肪とセルライトによる脚太りとは

冷えや運動不足、ホルモンバランスの乱れなどによって引き起こされた「血行不良」は、リンパ液、老廃物や水分の排出も阻害します。

そのため脂肪細胞の中に老廃物が溜まり、コラーゲン繊維と癒着した「セルライト」が生じます。さらに脂肪細胞の代謝が乱れ、脂肪はどんどん肥大化し、やがて血管を圧迫。血流の悪化により、老廃物の排出をさらに阻害します。

その結果、ひと目見ただけでセルライトとわかる、でこぼこの皮膚ができてしまうのです。

セルライトはお尻や太ももの裏側をはじめ、ぜい肉のつきやすい部分にでき、一度できると解消するのは困難だといわれています。

また、セルライトが溜まると血行不良やむくみ、冷え性などの原因になるだけでなく、ちょっと当たっただけで内出血やあざができる、毛細血管が切れやすい状態になってしまいます。

脂肪が招くセルライトの恐怖

冷えや運動不足、ホルモンバランスの乱れなどによって引き起こされた「血行不良」は、リンパ液、老廃物や水分の排出も阻害します。そのため脂肪細胞の中に老廃物が溜まり、コラーゲン繊維と癒着した「セルライト」が生じます。

さらに脂肪細胞の代謝が乱れ、脂肪はどんどん肥大化し、やがて血管を圧迫。血流の悪化により、老廃物の排出をさらに阻害します。その結果、ひとめ目見ただけでセルライトとわかる、でこぼこの皮膚ができてしまうのです。

セルライトはお尻や太ももの裏側をはじめ、ぜい肉のつきやすい部分にでき、一度できると解消するのは困難だといわれています。

また、セルライトが溜まると血行不良やむくみ、冷え性などの原因になるだけでなく、ちょっと当たっただけで内出血やあざができる、毛細血管が切れやすい状態になってしまいます。

まずは脂肪を退治しよう

体内に蓄積された脂肪がセルライトに成長する前に、肥満体質の人は食事制限によるダイエットを行い、摂取カロリーを減らす必要があります。食品に含まれる脂肪は脂肪細胞に直接蓄えられてしまうため、余分な脂肪は摂取しないよう十分注意してください。

また、食事はバランスの良い食材を使い、コーヒーや緑茶、レタスやきゅうりなど、体を冷やす食べ物は多く摂りすぎないようにします。なお、身体を温める食べ物には、紅茶やほうじ茶、かぼちゃやリンゴなどがあります。

また、普段から体を冷やさないようにすることも大切。冷えは首回り、足首から来ますから、スカーフやマフラー、厚めの靴下といった防寒具を欠かさないことが大事です。

夏場も身体の露出の多いファッションは避け、冷房除けの上着を着用することをおすすめします。筋肉量が落ちると基礎代謝量も下がることから、体が冷えやすくなります。ですから適度な運動を心がけ、筋肉量を増やようにしましょう。

脂肪がついてしまった人には、ストレッチやエクササイズが欠かせません。また、ウォーキングや水泳などの有酸素運動も、脂肪の燃焼に効果的です。

なお、脂肪が多い人は筋肉量が少ない傾向があるため、筋トレで筋肉をつけて代謝をあげるといいでしょう。

PAGE TOP